総量規制について

総量規制というのは、貸金業が消費者に貸し付けることができる金額に上限を設けているもので、借り手の年収の3分の1までしか貸し付けができないことになっています。

総量規制は、金融機関からお金を借り過ぎて、多重債務になり生活が困窮するという人が増加したため、この問題を解決するために設けられた規制です。ところが、総量規制が施行されたあと、今までお金を借りられたのに急にお金が借りられなくなり、困った人たちが、闇金に手を出すということも増えてしまいました。

とはいえ、総量規制は、多重債務者を減らすという点では一定の効果を上げています。すでに年収の3分の1に相当する借入残高がある人は、金融機関に借り入れの申し込みをしても審査に通らないからです。ただし、総量規制には、例外もあります。つまり、年収の3分の1を超えても借りられる場合があるんです。

総量規制の例外は、顧客に一方的有利となる借換え、緊急の医療費の貸付け、社会通念上緊急に必要と認められる費用を支払うための資金の貸付け、配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付け、個人事業者に対する貸付け、預金取扱金融機関からの貸付けを受けるまでの「つなぎ資金」に係る貸付けです。

それで、消費者金融の貸金業法に基づくおまとめローンは、例外とされ年収の3分の1を超える金額でも借り入れができます。また、原則的には自分に収入がない人は借り入れができないのですが、自分に収入がない専業主婦の場合は、配偶者の年収の3分の1までの金額を借りることができます。配偶者の同意書と婚姻関係を証明できる書類があれば、専業主婦でも借り入れができます。また、貸金業者の事業者用ローンも総量規制の例外にあたります。

この様に例外はあるのですが、実際に事業用資金を消費者金融から借りると返済負担が大きいので、かえって資金繰りを悪化させることがあります。また、専業主婦への貸し付けも一部のレディースローンに限られており、大手消費者金融では、専業主婦には貸し付けを行っていません。ただし、銀行では専業主婦にもご自身の身分証明だけでお金を貸してくれますので、専業主婦の方は銀行カードローンを利用すると良いでしょう。こちらに詳しく書いてあります。→専業主婦とカードローン ~お金の悩み解決サイト~

総量規制によって以前よりもお金が借りにくくなっているので、日頃から節約をして、自分の経済力の範囲内で生活するのがベストだと思います。また、クレジットカードは便利ですが、お金の出入りが目に見えないため、使いすぎてしまうことがあります。現金でも、支出計画をたてるなど、きちんと管理しなければ、やはりあっという間に無くなってしまいます。余分な借金をしなくて済むように日頃から金銭管理をきちんとしたいですね。

専業主婦でも借りれるカードローン管理人